オンラインカジノは違法性があるのか

オンラインカジノそのものには、違法性はありません。なぜかと言うと、運用している企業は運営ライセンスを得ていてオンラインカジノが違法ではない国で運用しているという条件を満たしているので、個人で楽しむことに違法性はないからです。オンラインカジノが合法な国は全世界で、およそ200ヶ国ぐらいあります。代表的なところを挙げればカナダやオーストラリア、フランスや香港などになりますが、ランドカジノがある国ではカジノ施設が合法化しているのと同時に、オンラインカジノについても合法化している国がほとんどです。日本でもIR整備推進法案が通ったため、これからは日本にランドカジノが出来ることになります。そうなってくると別のオンラインカジノに違法性がない国と同様になる可能性がある訳です。

オンラインカジノそのものは合法であることが分かりましたが、日本人がオンラインカジノを日本国内で楽しむことは違法性があるのかどうかについてですが、これは合法でも違法でもないグレーゾーンというのが正しい解釈になります。日本ではオンラインカジノにまつわる法律の整備が、まだ整っていないというのが実情です。極端な解釈をすると、今の日本国内の法律を使って裁けないのが現状です。ですので、オンラインカジノは合法性もなく違法性もないグレーゾーンになる訳です。

日本で、賭博を禁じる法律は存在しますが賭博犯を捜査する目的は胴元を検挙することが前提になっていて、胴元に相当する運営会社は合法で運営することが可能な外国に存在します。その上に、その国のライセンスをちゃんと取得している状態です。外国で違法性がない運営をしている運営会社を日本国内の法律で検挙することは出来ません。ですので、日本でオンラインカジノを楽しんだとしても、外国の胴元を検挙出来ない以上は、プレイヤーが逮捕されることがない訳です。